子どもとお出かけ

荒川車庫前のおもいで広場はどんなところ?子どもは楽しめる?

都電おもいで広場ってどんなところ??

子連れで都電で行けるスポットとして一番に思い浮かぶのは、あらかわ遊園ですが、2019年12月現在、2021年夏のリニューアルオープンにむけて閉園中です。

今、荒川遊園地前駅で降りても、遊園地は営業していないのでご注意くださいね。

あらかわ遊園地は、0歳〜小学生まで、朝から気合入れて並ばなくても、ゆるーく楽しめる遊園地デビューにはもってこいのスポットです。

どのようにリニューアルされるのか、再オープンが待ち遠しいですね。

さて、あらかわ遊園近辺で子ども達が楽しめるスポットとして、何か他にないかなあと探して見つけたのが、

荒川車庫前駅下車すぐの都電おもいで広場

無料で楽しめるこちらのスポット、さっそくご紹介していきましょう!

都電おもいで広場の入り口

場所
都電荒川線 荒川車庫前駅 下車すぐ

営業時間
土・日・祝日 10時〜16時
※これ以外の日は、鍵がかかっていて柵の中に入れません

見学所要時間
さらりと見るなら15分ほど

入場料無料

荒川車庫前には、荒川車庫前広場があり、都電の車両2台が展示してあります。それぞれどんな車両なのか、写真でご紹介していきますね。

おもいで広場の学園号 ~運転席体験ができる!~

学園号の先頭

1台目は運転席に乗って、運転帽をかぶって撮影ができるスポットがある学園号です。

男の子たちが列をなし、目をキラキラさせて楽しんでいました。
このボタンを押したら、何が起きるんだろう・・・?と興味津々。

車掌さんの制帽もあるので、なりきって楽しめます♪

運転士さん気分でレバー操作できます♪
レトロな停留所名表示器には大人も興味津々です
車両全体はこんな感じで座って休むこともでき、こどもに優しいです
車両内にはこどもが喜ぶスタンプコーナーも!

おもいで広場のPCC号 ~過去の写真展示車両~

もう1台は、資料展示の車両です。都電が走っていた過去の東京の写真が飾ってあったり、ミニチュアの展示などがあります。

PCC号の先頭
PCC号の説明パネル
もう今はない路線のものも レトロで味わいがあります

こちらの車両はこどもたちの姿は少なく、大人がじっくり見学している様子がありました。

ミニチュアの街 昔懐かしの昭和の世界観です

広場にいた係のおじさまに、「お隣の駅舎で、子どもさんはステッカーをもらえるよ!」と聞いたので、行ってみるとこちらのステッカーとカードをいただきました。

1歳半の息子は、家に帰ってもお気に入りのようで何度もじーっと見つめていました。

無料でもらえるステッカーとカード

またこちらの立地は都電の車庫前なので、車庫から出たり入ったりしていく車両を見られるのも興奮します!写真を撮っている鉄道ファンの方もいました。

車庫から車両が出る瞬間も間近で見られます

広場のすぐ外では、本物の都電が行き来していますので、見どころが多くて息子は大忙し!

この日はぽかぽか陽気の日でしたので、広場内のベンチに腰掛け、ジュースを飲みながら休憩もできました。お子さんとゆる〜くお散歩できるスポットです。

都電おもいで広場のおすすめポイント

  • 無料で楽しめる乳幼児向けスポット
  • 運転席のボタンを操作したり制帽をかぶって写真撮影可能
  • ゆっくり車両内を見学して休んでも30分程度
  • お子さんは、荒川車庫前営業所でステッカーやカードがもらえる
  • 荒川車庫からの都電の入出庫が間近で見られて子どもは大興奮!
  • 土日祝日10~16時しか営業していないので注意

都電おもいで広場だけを目的に遠方からお出かけするには、正直物足りないスポットですが、思いましたが、1歳児、5歳児は思いのほか、楽しんでいました!

お近くにきた時には、ぜひ寄ってみてくださいね!

【てっぱく】1歳息子と鉄道博物館デビュー!11月土曜日午後の混雑度は?1歳4か月になる頃、息子が電車に興味を持ち始めました。我が家は、上の子が女の子なので、自宅に男の子が好きそうな電車や車のおもちゃはほとん...

↓ぽちっと押していただけると励みになります…!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村