育児グッズ

ストライダー(STRIDER)のモデルは3種類!どれを選べばいいの?

まだペダルをこぐのが難しい、小さな子どもでも楽しめるストライダー。三輪車より先にストライダーを乗りこなし、そのまま補助輪なしの自転車に移行することもできます。

さて、「いよいよストライダーを購入しよう!」と思い立ち、WEBショップや店舗を覗くと、また頭を悩ませる問題が発生します。

それが、ストライダーは3種類のモデルで展開している、ということです!

本記事は、以下の質問にお答えする記事になっています。

  • ストライダーに3種類あるらしいけど、スペックはどう違う?
  • 長く乗るには、どれがいい?
  • ぶっちゃけ、どれを買えばいい?

一つでも当てはまる質問があった方は、ぜひ読んでみてくださいね。

ストライダー(クラシック)ピンク

ストライダーの種類と価格は?

さて、先にお伝えしたように、ストライダーには3つのモデルがあります。

まずは、この3つのモデルのスペックを表で比較していきます。

ストライダー スペック比較表

ストライダー
クラシック
ストライダー
スポーツ
ストライダー
PRO
重量2,9kg 3,0kg2,5kg (軽い!)
価格10,900円+税 13,500円+税 22,550円+税
対象年齢1歳半~5歳 1歳半~5歳 1歳半~5歳
カラー全4色(グリーン・レッド・ブルー・ピンク) 全7色(グリーン・レッド・
ブルー・オレンジ・ピンク・イエロー・ ブラック )
全3色(シルバー・マルーン・アクア)
ハンドルグリップ直径27mm 直径22mm 直径22mm
ハンドルバー素材スチール スチール アルミニウム
高さ調整範囲500〜600mm500〜600mm500〜600mm
固定システムホースクランプ式クイックリリース式クイックリリース式
ホイールサイズ12インチ
210mm
12インチ
210mm
12インチ
210mm
タイヤ素材EVAポリマーEVAポリマー EVAポリマー
ホイールベース565mm 565mm 565mm
シートの高さ通常サイズ:
300〜410mm
通常サイズ:
300〜440mm

XLサイズ:
~520mm
通常サイズ:
300〜440mm

XLサイズ:
~520mm
シート素材プラスチッククッション性のある軟質樹脂素材ポスト素材クッション性のある軟質樹脂素材ポスト素材
固定システムクイックリリース式クイックリリース式クイックリリース式
ハンドルバーパットなし付属付属
XLロングシートポストなし付属付属
フットステップなし(滑り止めテープのみ)ありあり

大きな違いがある点はどこ?

①ハンドルバーの太さ

クラシックモデルの27mmのハンドルバーに比べ、スポーツモデル&PROモデルのハンドルバーは、より細身の23mmと、より握りやすくなっています。

②ハンドルバーパッド

スポーツモデルとPROモデルにのみ、ハンドルバーパットが標準装備されています。ぶつかってしまった時の衝撃を和らげてくれるので、より安心です。

③XLロングシートポストの有無

スポーツモデルとPROモデルにのみ、XLロングシートポストが付属します。このシートポストがあれば、成長して背が大きくなっても、付け替えて長く乗ることができます。

④フットステップの有無

クラシックモデルは、フレームにすべり止めテープが貼られているのみで、フットステップはありません。

スポーツモデルは、フットステップが標準装備されているため、車体に足が乗せやすくなっています。立ったまま乗ることもでき、アクティブな乗り方ができます。

⑤シートの素材

クラシックモデルは、軽量プラスチック製シートを採用。

スポーツモデルは、軟質樹脂素材が採用され、クッション性があり、より長く乗って遊ぶことができます。

大きな違いは以上のようなものですが、この結果から導き出した選び方は、以下のとおりです。

  • ストライダーのレースに出たいとお思いならPRO
  • レース参戦予定がなく、できるだけ長く乗るなら、スポーツモデル
  • とにかく安く抑え、短期間だけ乗る方針ならクラシック。

詳しく解説していきますね。

まず、1歳半~5歳まで乗り倒す予定なら、スポーツモデルかPROの二択です。

標準のシートポストは、対象年齢は他と同じく1歳半~5歳までとありますが、5歳になる娘は低いと感じているようです。そのため、購入時期によってはすぐサイズが合わなくなる可能性があります。

後からパーツで購入することも可能ですが、その場合には割高です。自転車へ補助輪なしのまま移行するなら、 XLロングシートポストは必須ですから、この時点でクラシックは候補から外れます。

ストライダーのレースに出るなら、PRO一択です。 PROは、スポーツモデルより500gも軽くなっています。 ですから、レースに出るか出ないかで、スポーツタイプからPROか、の選択ですね。

実は、我が家では、娘にクラシックモデルを購入しています。

これだけスポーツモデルを推しておいてなぜ、と不思議に思われるでしょうが、実はスポーツモデルの存在を知らないまま購入したからなんです。

お店にクラシックモデルしか置いていなかったので、何の疑問も持たず、この選択になってしまいました。

娘は大変活発な子どもで、3歳時点ではかなり速いスピードで乗りこなしていました。5歳になった今も、ストライダーのクラシックモデルを、標準ポストのまま乗っているのですが、サドル位置が低いことに不満を漏らしています・・・。

体を傾けて、ストライダーを乗りこなす娘(5歳)

クラシックモデルにXLロングシートポストが標準装備されていれば、すぐ娘の希望にこたえて高さ調節ができたのですが・・・

以上のような実体験からも、スポーツモデルの方がオススメだと自信をもって断言できます!!

これから購入される方は、ぜひ「XLロングシートポスト」標準装備の、スポーツモデルかPROモデルを選択して、楽しく長く乗りましょう!

ストライダーの選び方 まとめ

  1. ストライダーのレースに出るならPROモデル
  2. レースに出ないなら、長く使えるスポーツモデル
  3. 安く抑えて、短期間の使用でもOKならクラシックモデル

基本的には、①PROモデル、②スポーツモデルの二択で問題ありません。

我が家では、クラシックモデルを購入してしまったのですが、長く乗れるスポーツモデルにしておけば良かった!と思っているところです。

ぜひ、これから購入される方はスポーツモデルか、PROモデルから選んで、間違いない選択をしてください!

ストライダー(STRIDER)は何歳から乗れる?どんな力が身に着く? ここ数年で、子どものランニングバイク=「ストライダー」と言えるぐらいに、浸透してきています。公園に遊びに行くと、あちらでもこちらでも...

↓ぽちっと押していただけると励みになります…!
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村